So-net無料ブログ作成
検索選択
アインシュタイン ブログトップ

確かに…天才は謎だ [アインシュタイン]

アインシュタインの一番最初の逆援助発表は、1901年の毛管現象に関するものというのも意外だったし、1922年ノーベル物理学賞を受賞した理由は、光電効果の法則の発見に対してというのも、(どこかで聞いたような気もするが)同様に意外であった。
 どちらも相対性理論とはあまり関係がない。

相対性理論はいかなる理論であり、この独創的な逆援助をアインシュタインがいかに考え出したかといった事はあまり触れられていない。平易な伝記として人間アインシュタインとしての活動に注目し描いている感じがした。
 参考に帯紙と表紙に書かれていた宣伝文句を転記したい。
 「アインシュタインはどんな研究をし、いかなる成果をあげたか。科学者として人間としていかに生きたか。たんねんで公正な記述の内に、つねに知的好奇心を失わず、平和を愛した人物像を鮮明に描く。」


アインシュタインの本は数知れず読んだけどどれも具体的に彼の事を説明してない気がするのでこの本は読んで見ると新しい発見がいろいろある、是非皆さんも読んで欲しいとのことで読んで見る事にしました

日本が証明できるか? [アインシュタイン]

 アインシュタインの一般相対性理論によると、重力は「時空のひずみ」を生む。トランポリンに重いボールを乗せると、重さで布が曲がるように、星の周りでは重力で空間がゆがみ、時間の進み方も遅くなる。

 星が回転運動をすると、空間のゆがみは「さざ波」のように周囲へ広がる。これが重力波だ。1916年の一般相対性理論で存在が予言されたが、直接の証拠はまだ見つかっていない。

 重力波は、重い中性子星やブラックホールが激しく動いたときに強く出る。約137億年前の宇宙誕生時にも、巨大なエネルギーに伴う重力波が放出されており、その名残をとらえれば、現在の天文学では不可能な原始宇宙の姿を探ることができるのだ。

 重力波の検出は近代物理学の土台となった相対論の検証に加え、新たな天文学を切り開く大きな意味を持っている。



重力をコントロールできるようになればブルマ並みに凄いって事になるな!色んな事が進歩する事で地球はどんどん壊れていくんだよな

意外な事とかも [アインシュタイン]

イスラエル自然・人文科学院(Israeli Academy of Sciences and Humanities)は7日、物理学者アルバートアインシュタインAlbert Einstein)による一般相対性理論の手書き原稿全文の一般公開を始めた。原稿全文の公開は初めて。

 全46ページの原稿は、同院の創立50周年と、今月14日のアインシュタインの誕生日を記念して公開されたもの。

 アインシュタインは1916年にドイツベルリンBerlin)の自宅で一般相対性理論の原稿を執筆し、21年にノーベル物理学賞を受賞。25年、同年開校したエルサレム・ヘブライ大学(Hebrew University of Jerusalem)に原稿を寄贈した。


一般公開されたって事は後世に全てを伝えたいと言う意志を継いだのだろうか…それとも逆援のあるべき姿を確認せざるを得なかったのだろうか
アインシュタイン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。